結婚式にお呼ばれした時に

結婚式にお呼ばれした時に気をつけることと持ち物とは?

家族や親戚、友人が結婚をすることになったら、結婚式にお呼ばれすることもあるでしょう。その時に服装や持ち物を忘れたりマナーが悪いと、恥ずかしい思いをしてしまいます。持ち物や服装など結婚式にまつわるマナーを知っておくと良いでしょう。

結婚式の服装は?

結婚式にお呼ばれしたときの服装として、男性はスーツを着て、ネクタイを少し派手な色味のものにすれば良いのですが、女性の場合少し難しいのです。
女性の場合、基本的にはドレスやワンピースで華やかな服装にすると良いのですが、色味に注意が必要です。結婚式の際、花嫁さんは白色のドレスを着ることが多いので、主役と同じ色の白のドレスやワンピースは避けた方が良いでしょう。また、お色直しのドレスの色などを知っている場合は、同じ色のものは避けた方が無難です。また、ファー付きのものは、ファーは殺生をイメージさせてしまい、お祝いごとの結婚式には向いていません。披露宴などで食事をすることもあり、ファーが舞ってしまうと衛生的にも良くないので避けた方が良いです。

結婚式の際のアクセサリーは?

結婚式の際、花嫁がヘアアレンジの際に大きな花飾りをすることがあります。お呼ばれされた時は、大きめの花飾りや同じ花の花飾りなどは避けましょう。また、腕時計はしない方が良いのです。なぜなら、お呼ばれされた結婚式でお祝いする場であるため、時間を気にする姿や時間を気にするための時計は、あまり良いイメージを与えないからです。
また、あまりにも光り物を多く付けすぎると、目立ちすぎてしまうため、適度な量に抑えたり、昼間外での結婚式の場合は、反射して眩しい思いを他人にさせてしまうこともあるので注意が必要です。ピアスは多少華やかさを出すためであれば良いのですが、飾りが大きく揺れ動くものなどはオススメしません。マナー違反ではないものの、ブラックパールも葬式をイメージさせてしまうことがあるので避けた方が良いでしょう。

結婚式に持っていくものは?

結婚式に持っていくものとして、御祝儀は忘れず持っていきましょう。金額に関しては、結婚式を挙げる人との関係性などを踏まえた上で決めると良いです。御祝儀をそのまま持っていくのではなく、袱紗などに包んだ状態で持っていくと尚良いです。
また、結婚式で感動し涙を流してしまうことも考えられます。お手洗いを利用することもあるでしょう。ハンカチは忘れず持参しましょう。
忘れられがちなのがストッキングの替えです。女性はドレスやワンピースを着るため、ストッキングやタイツを利用する場合が多いでしょう。お呼ばれされた結婚式の最中に、ストッキングが伝線してしまう可能性もあります。そのまま出席しているのは恥ずかしいですし、見た目が悪くなってしまうので、万が一のために買えを持っておくと良いでしょう。

ドレスやワンピに合わせて、コートやジャケットなどのアウターも購入できます。 カジュアルからフォーマルまで、様々なスタイルを取り揃えています。 パーティーはもちろん、普段使いもできる着回し抜群のアイテムが多数ラインナップ。 大活躍間違いなしのパーティーバッグやアクセサリーもおすすめです。 お客様に選ばれ続けるロングセラー商品で、楽天のランキングも数々受賞しています。 結婚式にお呼ばれした時のお助けサイト