お呼ばれの結婚式と二次会

結婚式にお呼ばれした時と二次会について

仲の良い友人が結婚したときには、挙式にも参列して欲しいとお呼ばれになることがよくあります。さらには結婚式の二次会も手がけて欲しいとお願いされることもあるでしょう。このようなときにどう振る舞ったら良いのでしょうか。

お呼ばれの身分から幹事の依頼へ

結婚式を挙げる友人から、是非とも挙式に招待したいと言われて喜んで承諾し、参列するのに期待を胸に抱くということはよくあるでしょう。お祝いの儀式に参加するのは喜ばしいものであり、特に仲の良い友人が結婚したともなれば、どんなお祝いをしてあげようかと、思案するようになるのももっともなことです。ところが、本当に仲の良い友人であると、それに続いて別のお願いを受けることがあります。結婚式の二次会の幹事を行ってくれないかという提案です。最近では結婚式の二次会は、新郎新婦のそれぞれの親友に依頼するということが多くなってきました。このようなケースも十分にあり得るので、仲の良い友人の結婚のときには、覚悟をしておくことは大切でしょう。

二次会幹事の依頼への対応は承諾が原則

結婚式を楽しむだけのつもりのはずが、二次会の幹事も頼まれてしまったというときには、基本的には承諾して、二次会を取り仕切るのが原則です。挙式と異なるとはいえ、結婚式に直接呼ぶことができなかった人たちに、お祝いをしてもらえる機会になるのが二次会です。お祝いの場として重要なものの一つであり、新郎新婦としては、誰に任せるかを慎重に吟味して選んでいます。その大役を任されるのが重荷になってしまうかもしれませんが、それも承知の上で、信頼して幹事を任されているということは、理解しておきましょう。ただのお呼ばれでは終わらずに、二人を心から本気で祝福するための機会が与えられたという前向きな姿勢で承諾するのが大切です。

本当に無理なときの対処方法

お呼ばれなら結婚式に参列できるけれど、二次会の幹事ともなると、やはり無理だと感じてしまう場合もあります。仕事の都合があったり、自信がなかったりと様々な理由があるでしょう。そのときには断らざるをえないかもしれません。新郎新婦としては、高い期待を持って依頼したということも承知の上で、適切な形で断るようにしましょう。仕事などの都合で、二次会に参加できないという状況ならそれを率直に伝えるのが賢明です。新郎新婦としても無理は言えないというのは承知なので、挙式にお呼ばれで来てくれるだけでもありがたいと思ってくれるでしょう。そうでない場合には、せめて他の適任者の了解を取って推薦するという対応をするのが喜ばれやすい対処方法です。