結婚式で注意したいこと

結婚式に参列する際に注意しておきたい髪型

結婚式にお呼ばれした際に、服装や髪型に悩む方も多いのではないでしょうか。意外に知らなかった髪型のマナーなど、ぜひ結婚式行く前に知っておきたいですよね。そこで今回は、結婚式に参列する際の最低限のマナーについて詳しくご紹介します。

ロングヘアーはアップかハーフアップスタイルにしよう!

結婚式にお呼ばれした際にアレンジしやすい髪型は、ロングへアーです。しかしロングへアーの場合、完全におろしたスタイルはNGとなりますので注意が必要です。完全におろしたスタイルは、何もセットしないで結婚式に参列しているとだらしない印象を与えてしまいます。ロングヘアだと、アップスタイルにするのが基本的です。近年ではハーフアップもかわいく見えるので、人気のあるヘアスタイルとなります。
そしてアップスタイルもしくはハーフアップスタイルにした後は、お花の飾り物を付けたりして華やかなイメージになるようにしましょう。ただしお花の飾り物は、花嫁が身に付ける生花ではなく造花にするのがマナーとなりますので注意が必要です。

華やかな装いで参列しよう

日本では結婚式の格は最も低く、ほとんどの場合カジュアルな略礼装に準ずるようになっています。ただし、華やかな装いになるようにしなければいけないと言う決まりはあります。装いは、トータル的に見て華やかなイメージになるようにするため、髪型だけ普段通りではおかしな印象になってしまいます。そのため、髪型も華やかな装いになるようにしましょう。例えば毛先にカールを付けたり、カラーリングしたりして工夫する必要があります。結婚式にお呼ばれした際には、式場のマナーを守り、身だしなみはしっかりと整えておくのが基本です。また結婚式は華やかな場となりますので、髪の毛に付ける飾り物も明るめのカラーを用いると華やかなイメージになります。

新婦とは被らないようにしよう

結婚式にお呼ばれした際に、華やかな装いや髪型にする事が基本となります。しかし最後に一つ注意しておきたいのは、花嫁と被らない事です。服装に関しては、花嫁の着用するドレスをイメージする白やピンクなどの色をした服装は避ける事が出来ます。髪型に関しては、当日花嫁を見ないと分からないため、なかなか予想するのは難しいです。実は花嫁はウェディングドレスやお色直しなどで手間がかかっているため、髪型にはそれほどこだわっていないものなのです。ゴージャスに見えるのは、コサージュやカチューシャの場合がほとんどです。そのため結婚式に参列する際には、花嫁が着けそうなゴージャスな物は避けるようにしておくのがポイントになります。