結婚式ゲストの必須アイテムと服装

結婚式ゲストの必須アイテムと服装

結婚式にお呼ばれされ、ゲストとして出席する時に必要な持ち物がいくつかあります。
ここでは、結婚式にお呼ばれされた時の、バッグに入れておきたい必須アイテムから、手荷物に最適な持ち物と服装を紹介したいと思います。

お呼ばれに必要なもの

まずは、結婚式にお呼ばれされゲストとして出席する際に必ず必要なのはご祝儀です。ご祝儀は基本中の基本なので、絶対に忘れてはいけません。うっかり忘れることがないように、出発前には必ず確認することが重要です。
次に招待状です。招待状には会場の地図や式の開始時間まで、色々な情報が記載されているので、持っているとなにかと便利です。
あとは、お財布やハンカチ・ティッシュなど必要最低限の持ち物も必ず持参しましょう。それから持っていくと役に立つのがカメラです。写真を撮るとき、携帯やスマートフォンが多いと思いますが、カメラで撮ると画質も良く、すぐに現像することもできるため、シェアもしやすくなります。ほかにも、結婚式ではおすそわけがあることがあるため、エコバッグもあると便利かもしれません。

お呼ばれに持っていくと便利なもの

お呼ばれに絶対に必要ではありませんが、持っていくとなにかと便利なものを紹介します。まずは充電器、なにかと使う携帯やスマートフォンは、すぐに充電が切れてしまうことがあるので、充電器は持っていると便利です。
それからペンなどの筆記用具です。式ではまれにアンケートや祝福のコメントを書いたりすることがあるので、筆記用具も持参しておくとよいでしょう。つぎにヘアピン・ヘアスプレー・ワックス、ばっちり決めていったお呼ばれヘアスプレーでも、はしゃいだりして思わぬ崩れ方をしてしまうことがあるかもしれません。ヘアピンやスプレーなどで応急処置ができるようにこれらも持参しておくとよいでしょう。あとはミント系のタブレットを持っておくと、結婚式でたくさんのお料理やお酒を飲んだあとには助かるアイテムです。

お呼ばれに最適な服装

結婚式にお呼ばれされた立場として、主役の新郎新婦を引き立てられるように、服装や立ち振る舞いはきちんとしたいですよね。
まず、ドレスコードには大きく分けて3種類があるそうです。正礼装は、新郎新婦の両親にとても近い親戚の立場で出席する人の服装で、準礼装は親戚や友人と、仕事の関係の立場で出席する人の服装のこと、結婚式の招待状に服装について何も指定のない結婚式。披露宴で着る服装です。
そして略礼装は、主催側のテーマとして、あまり格式にこだわらない式や披露宴の場合のカジュアルな服装です、ただし招待状に平服とかいてあった場合には、カジュアルなイメージでも普段着ではいけません。
基本的には、無地のワンピースで、靴はつまさきの出ないパンプス、ナチュラルカラーのストッキング、小さめなバッグに、髪型はアップスタイルにしておけば問題ありませんが、三つの礼装の意味も知っておくと役に立ちます。